作業場の騒音について考えよう!

織機を使用する作業場には、常に動力機械による騒音があります。騒音の中で作業を続けると慢性的な難聴を引き起こす可能性がありますが、聞き取り調査によると、幼少期から聞いている音なので子守歌のように感じていると答えた人もいました。「騒音傷害防止のためのガイドライン」で防音保護具の使用が求められる基準値(85dB)を超える91.2dBの作業場もありました。定期的に作業場の騒音レベルを測定し、基準値を超えている場合は、耳せんを使用するなど、適切な騒音対策を行いましょう。

耳せんの正しい装着法

耳せんは、正しく装着しなければ、遮音性が低下します。
正しく装着方法を覚えて、適切に使用しましょう。